美味しい生活 ~お菓子とパンと色々~

お菓子とパンの大好きな私が、食べたものやお店の紹介などを中心に、生活に少し役立つ情報も載せていけたらと思っております。

自家焙煎 珈琲ゼリー

珈琲の美味しいお店で、自家製珈琲ゼリーを食べました。

「自家焙煎珈琲ゼリー」
船橋珈琲焙煎所(千葉・船橋)

船橋に行く用事があり、人と会う前に時間があったので、お茶して待つのにコーヒーでも飲んで待とうかなと。
スタバや他チェーン店もありましたが、あまり行かない船橋にせっかく行ったのだからとこちらのお店にしました。

f:id:haa333:20190222071205j:plain

船橋珈琲焙煎所は、トリドールが展開するカフェで、この名前でのお店は一店舗だけのようです。
トリドールといえば、丸亀製麺所。私はよく、丸亀を利用しますが、カフェを運営しているとは知りませんでした。

f:id:haa333:20190222071706j:plain

お店入り口には、焙煎する機材なのかな?と。私は機材の事はよくわからないのですが、上にパイプが通っていたので、そうかな?と思います。

入ってすぐのカウンターで、ネルドリップでお姉さんが珈琲を入れてました。電動のコーヒーミルがあり、コーヒーの良い香りがします。

f:id:haa333:20190222072100j:plain

コーヒーの価格は、本格的なコーヒーを飲めてこの価格なら良心的だなと思うくらい、高くはありませんでした。気軽に利用できてよいですね。

f:id:haa333:20190222072422j:plain

食事メニューはパスタやサンドイッチなど。このサンドイッチが、ボリュームありそうな見た目で、食べたいと思いましたが、次に食事が控えておりましたのでオーダーできず。残念。
デザートは、フレンチトーストやプリンなど。
軽めなデザートをと思ったのですが、なんと売り切れが多く、珈琲ゼリーしか選択肢がなかったので、今回は珈琲ゼリーに。
プリンが食べたかったのに、これまた残念です。

f:id:haa333:20190222073012j:plain

「自家焙煎珈琲ゼリー」¥450(税抜き)
船橋ブレンド」¥550(税抜き)

珈琲ゼリーはカップに入って、角切りにされています。

船橋ブレンドは大きなカップに並々入っていて、たっぷり飲める嬉しいサイズです。ネルドリップか、コーヒープレスを選べます。
ネルドリップとは、ネルは布を意味、布フィルターを通して入れる入れ方です。口当たり滑らかな味わいになりますが、人の手によって味わいが左右されので、入れ方が下手だと豆の美味しさを引き出せない可能性もあります。
コーヒープレスは、紅茶の器具のような感じを思い出していただければ。専用の器具を使用した入れ方で、誰でも簡単に入れられます。豆、お湯の量、抽出時間を統一すれば、皆同じように入れられます。味がぶれないので、安定した味わいを楽しみたいときはこちらの方がいいのかなと。
私は今回はネルドリップに。こういうところでないと、ネルドリップのコーヒーは飲めないかなと思いまして。

まずは、珈琲ゼリーを。

f:id:haa333:20190222164937j:plain

たっぷりクリームをかけて、一口。

あれ?甘くない。これは、シロップを入れないといけないタイプだと思い、シロップを探すが目にはいってこなく。スタッフの方を呼ぼうかなと思いながら、よくお皿を見ると、ありました。シロップは小さいパックのものでした。
クリームがミルクピッチャーにはいっていたので、ガムシロも同じような入れ物かと思ったら、全く違う入れ物でした。

珈琲ゼリーは固すぎず、柔らかすぎず。
食感がありながら、なめらかさもあります。
珈琲の強さは控えめで、上品な感じの珈琲ゼリーでした。やはりお店で抽出した珈琲で作られているから、優しい味わいになるんですよね。

そして、船橋ブレンドはガツンと強いコーヒーではなく、どちらかというとアメリカンコーヒーのような、ちょっと薄め?なかんじ。
私はこのくらいの濃さがちょうどよいですが、物足りない方もいるかもというくらいの濃さです。
味わいは酸味が穏やかで、マイルド。飲みやすいコーヒーでした。

珈琲ゼリーで満足して、船橋ブレンドは残してしまいました。

でも、ゆっくりできて、優雅なコーヒータイムを過ごすことができました。
今度はプリンが食べたいな~。